紅葉狩り

いいお天気だったので地元の大山崎山荘美術館へ紅葉狩りがてら行ってきました。
快晴で風もなく、紅葉もちょうど見ごろで、とても気持ち良い一時を過ごせました。
この大山崎山荘美術館は大正から昭和初期に建てられた本館と、建築家安藤忠雄が設計した現代の建物とで構成されていて、その対比がとても面白いです。
現代の建物はスッキリとしていて格好良いのですが、個人的には本館の方が興味深いです。
何というか・・、色々な職人が頑張った痕跡というか、生活のにおいというか・・、人の手が造りだした感が強くあって、そこに惹かれるようです。
そんなモノを私も作っていきたいです。