青銅(ブロンズ bronze)とは、銅(Cu)を主成分とし錫(Sn)を含む銅合金です。
 銅合金には青銅、黄銅、赤銅、白銅など合金の成分により様々な種類があり、金属の性質や色も多種多様です。
 青銅だけでも配合により様々な種類があり、それぞれ特性が違います。
 当工房では通常の品物には青銅鋳物6種(CAC406(BC6))やこれに準じた地金を使用する事が多いです。
 泥七宝や銅鏡など、作成する品物に応じて、それぞれに地金を配合し使う事も多いです。
 復元品は出土品と寸法や外観を同じにするだけではなく、同じ成分比になるよう地金を配合しています。